プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースターで日食!!

Aloha!

ブログさぼってすいません。

数年前ハワイの勉強をなぜか始めることになり、その流れでタヒチについても
いろいろ勉強をしているわけですが、
このたびまたまた不可抗力でラパ・ヌイことチリ領イースター島について
いろいろ調べる羽目になっています

タヒチでもいい加減資料がなくて困っているのに・・・


そんな中で見つけたトピック!!

2010年7月11日 イースター島で日食が見られるそうです。

今日この記事をアップしたところで
今から出かけても間に合いませんね、ごめんなさい。
スポンサーサイト

ラパ・ヌイ 小話

Aloha!

バウンティ号の話が2回続きましたが。
その前の話題、ラパ・ヌイ( イースター島)の話です。

ポリネシアの一番西にあるこの島、
スペイン領を経て
現在はチリ領です。

話は飛んで
ご存知の方も多いかと思いますが、
カラカウア王の姪のカイウラニ王女と
日本の山階宮定磨殿下との縁談の話がありました。

そして、あまり知られていませんが、
そのころ(明治時代)チリ政府が日本政府に
イースター島を買って欲しいとの要請をしました。

どちらも明治政府はお断りしているのですが
両方実現していたら
日本国は今頃どうなっていたんでしょうね??


ちなみに
「イースター島」の名前の由来は、
キリスト教の復活祭、イースターの日に発見されたから。

昔の名前「ラパ・ヌイ」は、
ポリネシアのオーストラル諸島にあるラパ島の若者が
船の水夫として雇われてイースター島に着いたとき
自分たちの島、ラパに似ていて、ラパより大きかったことから
ラパ・ヌイ=大きいラパと呼び
自分たちの島をラパ・イティ=小さいラパ、と呼び始めたのが始まりだそうです。

イースター島の小話でした。







| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。