プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜ハワイ メリモ、終わりましたね

メリモ と略しましたが

メリーモナーク フラ フェスティバル

が今年もハワイ島ヒロで
開催されました。

メリーモナークとは陽気な君主という意味で
絶滅危機のフラを擁護した
ハワイ王国最後の王
カラーカウア王のことを指します。


ご本人は、
ハワイ王国が危機の時代に王になり
とても、メリーモナークでは
いられなかった、と言っていたとかいないとか。




いまは一大フラ大会ですが、
はじまったのは
1963年ヒロのまちおこしのお祭りとして、
イースターの一週間

ヒロの店のディスプレーコンテスト とか
ビール早飲み大会、とか
カラーカウア王にちなんで、
ヒゲ自慢コンテストなどが
行われていたのです。



それが、1971年、
フラをメインにした競技形式となりました。


競技、ということは
点数をつけなければいけません。

そのためには、基準を作らなければならない
ということで、

フラは、

カラーカウア王時代含む
以前の、洋楽器なしのフラを

フラ カヒコ(古典フラ)



カラーカウア時代含む以降の
洋楽器を使って、
フォーメーションをとるフラを

フラ アウアナ

と呼び、区分けしました。


アウアナ、という単語を
現代の
と思っている方が多いですが、

語源は、
さまよう、漂流する
です。


カヒコと違って、
自由に舞台を移動するから?
なのでしょう。


スポンサーサイト

夜ハワイ第41夜 カナロアで四大神は終わり!

昨夜のカネまでで、
ハワイの三大神とする話しもありますが、

四大神説では、もうお一人、
海と海風の神カナロア様が
いらっしゃいます。
20150417174846dc9.jpg
Wikipediaより



ポリネシアでは創世神とされ、
非常に偉い神の筈なのですが

ハワイでは、
「イカのような・・・」とか
カネ神の弟として、とか
三大神説の時はいなかったり、など
扱いが雑!

イカ、としましたが、
ハワイ語で、Heʻeヘエ 、と言って
「滑るように進む」
というようなニュアンスの単語なので、

タコもイカも、ヘエ
といいます。


なので、
化身もどちらの説もあり!!

ついでに、ポリネシア発祥のスポーツ、
サーフィンは、ハワイ語で
ヘエナル

ヘエ=滑るように進む ナル=波
です!
201504171744513b5.jpg

夜ハワイ第40夜 カネさま

カネ ,カーネという神は
ハワイ創世神であり生きる命の水の神
人間は水がないと生きられませんから、
雨がふらなかったら大変!!
ですから
雨もカネの化身なのです。

20150417170955765.jpg

え、ちょっと待って!
確かロノの化身も、
「雨と雨雲」でしょう?


・・・と思った方、
あんまりいないと思いますが、そのとおり。

化身は被ります。
難しくなるので、ここではパス!

カネは持っている棒を地面に突き立てては
水を噴出させます。

その水で、大好物のアヴァという
飲み物を作るのです。

20150417171354859.jpg


アヴァの説明をしまーす!

ポリネシアでは
お酒の文化がなく、
お神酒の代わりにしているものが
20150417172105510.jpg

ハワイ語でアヴァ、
ポリネシアではカヴァとかヤンゴナとして
知られる
コショウ科なので口中がピリピリするのと
麻酔作用があるので気分が落ち着くそう。

オアフ島でもハワイ島でも
飲める場所があります。

チョコレートでカヴァ味とか
スムージーでカヴァ味のものもあり
けっして美味しいと思えませんが
よかったらトライしてみてください。
20150417172549cea.jpg

ロノ神って…夜ハワイ第38夜

ロノ神の続き!

マカヒキ
という季節にハワイにもどってくるという
ロノさま。

だいたい、現代の季節だと
11月くらい、と言われております。

ポリネシアの船を覚えていますか?
20150327195322c74.jpg

三角の帆なのです。

で、ロノの化身のひとつは
20150414192916e05.jpg
左がクー神 右がロノ神

このように、船の帆のようなのは、
誰が何と言おうが、ハワイアンには
ロノなのです。



さて、そんな11月のあるひ
ハワイ島のケアラケクア湾にやってきたのは、
201504161437503ec.jpg

こんな船。

そう、あの人の乗った船!
201504161434592ab.jpg

キャプテン・ジェームス・クック!


そして、昨日の記事を覚えていますか。

クー神は黒い神
ロノ神は白い神で青い目とも言われている…

クック一行は白人!

ケアラケクア湾は、ロノ神が戻るとされている
神の道!


ハワイアンは、クックをロノと間違え
その年のマカヒキは大騒ぎ!


しかし、クーが戻る2月ごろに
出航したのに戻ってくるって…

ロノじゃないの?
ロノだよね?
神なのに?

と思ったのか思わなかったのか
わかりませんが

クック一行が、マストが折れて
も一度ハワイ島へ戻った時には
マカヒキのロノの季節は終わっていたのです。

帰ってくるはずのないロノと
歓迎してくれないハワイアン…
お互いに不信感を持ちながら、

以前説明した

ボートを盗んだの返さないのと揉め事が起こり
クックは命を落としてしまいました。
20150401215301b62.jpg


ハワイアンは、クックがロノでないという
確信がなかったようで、
クックの骨を王族で分けてしまったようです。


ロノだったとすると、
マナが多いはずですから…





ロノさん夜ハワイ第37夜

クー神の次は、
対で語られることの多い
ロノ神!

20150414192332684.jpg

キノラウ(化身)は、
雨と雨雲
ブタ
ひょうたん
さつまいもなどなど


ハワイは雨季と乾季があるのですが、
日が沈んだ空にスバルが見えるようになると
雨季の始まり。。
20150414191812019.jpg

そこから4ヶ月間のことを
マカヒキ
と呼びます。。

乾季の間懸命に働いたあとの
収穫祭のようなもので

戦争は中止になり儀式は延期され
4ヶ月間ほど
ハワイアンは遊び暮らし、

コノヒキという役人が島を回り
収穫物を回収します。

このマカヒキ時には
島から厳しいクー神がいなくなり
ロノ神がお土産を持って
ハワイへ帰ってくると考えられていました。
20150414192916e05.jpg

ロノのお土産とは、
収穫です。

古代ハワイアンは
全て神様からの借り物、贈り物と考えたので
豊作は自分たちの労働の成果ではなく
ロノ神からのプレゼント、と考えていました。

クー神が黒い神とすると
ロノは白い神で目がブルーとの説もあります。


そんなロノ神の絡んだ
おもしろエピソードは、また明日!

A hui hou.

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。