プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリーヒストリー

Aloha!

NHK総合TVの「ファミリーヒストリー」という番組を
ご存知ですか??

前回は 藤原紀香さん でした。
お父様が満州でお生まれになった方だそうで、
満州に渡ったおじいさまの軌跡をたどる番組内容でした。

私の亡き父も満州生まれでした。

冬は零下20度という過酷な環境と戦争。

おばあ様とお父様の妹さんは
日本へ戻る途中で亡くなられております。

たくさんの日本人が亡くなっているのに
紀香さんのおじいさま、お父様や
わたしの父は生き延びてきたんだなあと思うと
感慨深いものがありました。

そして、次回11月1日10時~
芸人の又吉直樹さん。

「又吉」という苗字が沖縄に多いよね?って思っていたら
やっぱりそうでした。

ということで、次回は又吉さんのファミリーヒストリーの舞台は
ハワイです。

NHK ファミリーヒストリー



スポンサーサイト

どっちが野蛮?!

Aloha!

あすの栄講座「ポリネシア人海をわたる」の原稿を手直し。

どの島も
西洋人に見つかって、病気を持ってこられて、土地取られて
文化も失って・・・
う~ん・・・

ペレ伝説の説明をする時に、
「・・・結局溶岩で固められました。以上!」
みたいな話になるのですが、

ポリネシアのどの島々の歴史も、そんな感じですねえ。げんなりしてます。

さっきネットサーフィンしてたら、考古学のサイトで
「フランスにある、マオリの首のミイラ返すとか返さないとか」
で返せってマオリ人が言っている、返すって言ったけど待ったがかかってる、
というようなのを発見。(2011年頃の記事)

「(ヨーロッパの)収集家には珍品でも、我々にはご先祖だ。」と。


マオリ族は、顔に「モコ」と呼ばれる刺青をいれてました。
その、モコが入った首のミイラをその昔、
(たぶん金持ちの)ヨーロッパ人達が集めたり!買ったり!して
装飾?にしてたようで

需要が追いつかなくてタトゥーをしていない人の顔にモコを入れた・・・とか・・・
(息絶えた人にモコ入れられないよね、多分・・・ってことは・・
それよりもそんなにみんな、欲しいもの??)

えっと、人の首ですよね?!
それ、どんな趣味よ?!本当なのか??

西洋人に
裸でフラフラ踊っているのが野蛮だから禁止~!とかいわれて
ハワイのフラも衰退したわけですが、
そんなのどこが野蛮だったのさ?!


ポリネシア人にとって、祖先の骨は特別に大切なものです!!

MELE KALIKIMAKA !

Aloha!

クリスマス寒気の中、いかがお過ごしですか?

皆様のお家には、サンタさんは来ましたか??


NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)は毎年サンタ一行の追跡を行っています。
TVニュースでも今年はちょくちょく放送していたので
ご存知の方もいらっしゃるでしょう^^

NORADとは、ふざけた機関ではなくて、
至極まともな組織で、

アメリカとカナダが運営する統合防衛組織で、
航空宇宙と海上領域の防衛などを行っています(NORAD HPより)。

以前はこんなにアニメチックではなかったような記憶がありますが・・・

#33でハワイの上空をサンタ様ご一行が通る様子が見られます^^

どうぞお楽しみくださいませ~


NORADサンタ追跡HP日本語ページ→コチラ

ハワイアンは謙虚なのだ

Aloha!

日本人も謙虚が美徳とされている民族だと思いますよ。
(昔は、かな?今も、かな?

その国の文化は「言葉」に表れるといいます。

例えば
ハワイ語は、言葉の中に謙虚さが入っている、と習いました。

E 'olu'olu 'oe~は、Please~してください。

Pleaseの次は命令形ですが、
Eは優しい要求+'oluoluは親切、やさしい、ここちいい+'oeあなた、
「もしかして、あなたは~をしてくださるきもちがありますか?」
みたいな表現になりますよねぇ。

そのほかにも、カオナ(裏の意味ね)然り。


もっというと、
ハワイ講座の原稿を作る時、困ることがあるんです!!

ハワイ語で、「私」は「Wau」か「Au」
発音は
ワウ でも、ヴァウ でも アウ でもOK!

ってことは、
わかれば(伝われば)どーでもいいんですってことじゃないでしょうか??

でもでも、英語の「I」を見てごらん!!!!

Hawai'i

とスペルを打つと、必ず
Hawai'I」って
オキナの次の「i」が大文字になっちゃうのよ~~

「 I 」よ、自己主張強すぎないかい?!


忍者ネタ

Aloha!

面白いので、世界の忍者ネタを

20年ほど前、ヨーロッパをよくウロウロしていました^^
(まだまだジプシーとかいっぱいいましたよ)

知りあった欧人はだいたい日本が好きで、
「忍者って、どう」とかはテッパンの質問でしたし
「カンフーやって」とかよくリクエストうけました

中には、日本語話せる、とかいっといて
「アリガト」しか知らなくて、
この程度で「話せる」とはなんとポジティブな、と感動したことも。

日本が好き、といっても
日本人が思っているほど、日本は世界では知られていなくて
中国も台湾も韓国も日本も、ごっちゃになってましたねえ。
今は違うかも知れませんが。

で、
2~3年前から評判の本「日本人の知らない日本語」をみて、
日本語学校に通うみなさんが
日本人の先生に「忍者」のことを尋ねるシーンがあって、
「ヘ~今でもやっぱりそうなんだ~」と。

海外では人気のあるトピックであることは
変わりないようです^^

先生は「いません」と答えるのですが、
生徒は「そういうことにしないといけないんですよね、」・・・

あ~、このやりとり
なつかし~

ということで、
忍者ネタを探してみました。

オーストラリアでは忍者学校の生徒が
襲われた独留学生を助けたそうです。May22,2010
日本語記事→AFP
Dig.comのサイトでは、コメントが多数寄せられていて、
・宙返りしなくてがっかり
・本当の忍者なら、見えないのでは
・世界にはもっと忍者が必要
なんてのがあって笑えた

おいおい、忍者ってどんなイメージだよ、と突っ込みつつ・・・

ボリビアで発見、忍者学校「The Llama expressNo.16」 May2004とか
ロシアに日本で認定された忍者学校
ボリビアで人気 忍者学校  などなど

忍者率、日本より多そう。



| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。