プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠遠先生のメレ

Aloha!

昨日は、TV「ふしぎ発見」でタヒチのカヌーのレース??
の模様を放送していたようですね。

みなさま、ご覧になりました???

私は当然のように見られなかったのですが、
ラッキーにもほんの一瞬、見る(聞く?)ことができました~

それもちょうど
篠遠嘉彦先生のメレ、
「タオテ・シノト」!!

初めて聞けた~~
(とぎれとぎれだったけど)

オハナのお一人が「録画しといたよ~」と
メールをくださったので、
お言葉に甘えて・・・

いつも本当にありがとうございます!



スポンサーサイト

アルフレッド・シャヒーン コレクション

Aloha!

・・・というわけで、
ビショップ博物館では、

ハワイのファッション文化を代表する
アルフレッド・シャヒーン氏の特別展示
「HI Fashon:The regacy of Alfred Shaheen」を
2月25日まで
キャッスルホール1階で開催しております!

1950年代ものを中心に
ハワイアンシャツやドレスの展示と
服飾文化、
シャヒーン家の歴史などの興味深い展示です。

レインスプナーとのコラボシャツなんかでも
有名な方ですよね。

もう亡くなられているので、
展示品は貴重なものばかり。

サイトを見てみてね→Alfred Shaheen

アロハシャツ・ハワイアンシャツ

Aloha!

ハワイアンプリント(和柄もありますが)のシャツの呼び名を検索すると

・アロハシャツ 表記
・ハワイアンシャツ 表記

のものが出てきます。


同じ文章の中でも、「アロハシャツ」が
途中から「ハワイアンシャツ」となっていたり・・・

はたして、本当はどっちでしょうか??



という答えは
どちらも正解。



元はサトウキビ労働者が着ていた
「パラカ シャツ」や「アヒナ ジャケット」という労働着が
市民権を得て、
仕立て屋でのオーダーメイドが、やがて大量生産になり、
土産物として本土や各地に広まりました。

(アロハシャツの起源は、諸説あってはっきりわからないです)

日系人の仕立て屋「ムサシヤ」が
ホノルルアドバタイザー紙に
そのシャツを「アロハシャツ」と広告したのが
「アロハシャツ」と呼ばれた最初のようです。

翌年、エラリー・チャンが、「アロハシャツ」を商標登録したため
その後20年にわたって
「アロハシャツ」表記が使えなくなったため
「ハワイアンシャツ」と呼ぶようになったようです。

エラリー・チャン氏は、
ムサシヤなどで作ったシャツを
ロイヤルハワイアンホテルなどで
売りました。

ハワイ土産として、とても人気があったようです。

ヴィンテージのアロハは
1950年代くらいのものが人気があるようです。

50年代といえば、
レーヨン生地でココナッツのボタン、
柄は、現在取引される国によって
人気度=売値が変わってくるのですが
日本では和柄(虎とか鯉とか・・・)
本土では、トロピカル柄、とくにハワイを想い起こす柄が
人気があるんですって。
 ベタな、フラガール、とかね。

地の色は、濃い色の方が、薄い色より値がつくとか。

古着の世界も
奥が深いですね~







ワンアラモアナ

Aloha!

ハワイに関係してると、会う人会う人に
「いいですね~、ハワイ!楽園ですよね。
住みたいです」または
「向こうに家を買ったら、泊めてくださいよ~」
なんて言われます。

いや、絶対住まないし、買わないし。
だから泊めてあげられないし(笑)

そんなにハワイは楽園かなあ??

物価高いし、家賃、光熱費、医療費、ぜんぶ高いのに。
(なんか、また色々値上げがあるそうで。)

そんな、みんな大好きなハワイ不動産情報です。(・∀・)

2014年完成予定
その名も、ワン・アラモアナ Byハワードヒューズコーポレーション。

商業施設なんかも作るらしいです。


アメリカってそんなに、景気よかったっけ、というところですが、
2007年のサブプライム、2008年のリーマンショックでも
ハワイの地価はそんなに下がらなかったため、
優良物件!まだまだハワイは売れる!
ってことらしいです。

それで迷惑被るネイティブたちがいることは
報道されませんよね。

地価上がる→家賃が払えない→ビーチでテント生活
という図式は現実問題です。

ハウナニ・ケイ・トラスクさんが
「ハワイが好きなら、ハワイに来ないでいただきたい」
と言ってますが、そういう気持ちもわかります。
だって、資本はハオレ。
不動産が売れても、儲かるのはハオレ。
それでハワイアン(特にナナクリあたりの)の教育事情や就業事情が変わるわけでなし。
海や山やハワイの環境が改善するわけでもなし。


お金がある人は
いっそ、火星にでも住んだらいいのに。

と思ったら、
こんなサイトが!!
火星不動産情報?!
その名も、マース・ワン。
日本語でも見られます!!マジで(゚д゚lll)→Mars-One2022年9月出発

映像も、下の方の「字幕」をオンにすれば、日本語字幕がでます。

行く人いるのかな???





今年初の新月は12日

Aloha!

12日4時44分から新月です。

今年の予定を立てるのに、ちょうどいいですね。


Hau'oli Makahiki Hou!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。