プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島の呼称

Aloha!

前回はニイハウ島でした。

ニイハウ島はカウアイ島と共に統治されておりました。
(カウアイ郡)

ということで、カウアイKaua'iです。
大体、英雄的な王様の名前から島を連想するパターンなのですが、

Kaua'i o Manokalanipo
カウアイ オ マノーカラニポー

マノーカラニポーは1430年ごろ生まれた
8代目(カウアイ)のアリイ・アイモク(島の王)です。
ほかの島からの攻撃を、僅かな兵士数でやっつけちゃった英雄です。

ちなみに
23代目は、カウムアリイ。最後の王です。
才色兼備で有名ですよね~(私の中では)

カメカメハの攻撃を受けずに済んだのは
カウアイ郡だけ。

カメハメハにはペレがついている、といわれましたが
カウムアリイにも神がついている、といわれていました。

カメハメハがカウアイを襲撃しようとすると
嵐で島まで行き着けなかったり、
コレラが流行って引き返したり。

おっと、
マノーカラニポーの話はどこいった


パパ&ワケアの神話のあるバージョンでは
カウアイ島は

Kamawaelualaniカマヴァエルアラニ

という名で出ていま~す。

<< Daigo メンタリストやめるってよ | ホーム | 「ハワイの教え」に思うこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。