プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「コン ティキ」

Aloha!

昨日から上映されてます、
「コン・ティキ」

幼いころ、本で読んだ方もおられるかと思います。
「コンチキ号漂流記」
の「コンチキ」=「コンティキ」です。これが原作のようです。

ノルウェーの学者、トール・ハイエルダールが
古代の筏(いかだ)を作り、
南米からポリネシアへ向かった様子を綴った実話です。

なぜ、このブログでの紹介か、というと、
ハワイのホクレア号がタヒチへの航海を達成する(1974年)まで、
コンチキ号の冒険(1947年)によって、
出発点の南米がポリネシア人のルーツと証明された、とされてきたのです。

一般に「ハイエルダール説」といわれるものです。

「南米のあたりの海流にのると、南太平洋に簡単に行ける⇒
南太平洋の民族の祖先は南米人で、漂流してきたであろう説」
を打ち立てて、
自分で実験しちゃったのです。

確かに、タヒチからハワイへは
海流に逆らうことになるのです。

(でもでも、実は、ポリネシア人は海の民族!
風下から風上へ行く技術を持っていたのですが。)

なので、
現段階では、ポリネシア人のルーツは
東南アジアからタヒチのあたりまでやってきて
そこからタコの足のように
ハワイやNZやイースター島へと広がった説。←ホクレア号のおかげ
私はそう習いました^^

コンチキ号漂流記、面白かったので(と記憶してます)
映画も見たいな~と思ってます。

明日は7月1日!映画の日!
伏見ミリオン座で上映中!!

<< 丸栄 ハワイアンフェスタ2013!! | ホーム | NHKエデュカチオでアンガーマネジメント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。