プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2時間丸ごと!篠遠先生!/後藤明先生の講座

Aloha!

今日は月1回のお楽しみ、
海のインディージョーンズ後藤明先生の講座でした!

今回は、日本が誇る南洋の考古学者
篠遠喜彦先生の偉業を、
教え子である後藤先生から伝えていただくという贅沢な内容でした。

小さいころから考古学好きな「考古ボーイ」だった篠遠先生は、
戦争終了後、
船でアメリカに考古学を学びに行く途中で降り立ったハワイで運命が変わります。

当時ポリネシアの島々はあまり研究対象になっていなかったようです。

日本のように土器もでないので
時代判定ができない。

ポリネシアでは自然のものを使って生活するので
(例えば、カヌーも建物も寺院の神様でさえ木彫りなので朽ちてなくなってしまう)
後世に残らないし、文字がないので文献がない。

住んでいる人々も、古代宗教が禁止されて久しいので
ヘイアウやマラエなど宗教儀式を行う場所の意味さえわからない。

そんな場所で
ポリネシア語を覚え、
ヘイアウ、マラエなどの意義を教え
現地の人に支持されるようになり
メレ(歌)にまでなった篠遠先生は
発掘された釣り針にヒントを得てポリネシアのなぞを解き明かしていきます。

偉業も偉業なのに、
先生は欲がないので、なかなかその「偉業」の認知度が上がらないのです。もったいない。

篠遠先生がご存命のうちに
先生の偉業をなんとか後世に残るような形にできるといいですね!


というわけで
敬愛する後藤先生の講座も残り2回となりました。

ハワイアンのルーツ、タヒチ。
ハワイも文献がまだまだ少ないですが
タヒチはもっと少ないのでしっかり学ぼうと思います!!!





<< ハワイアンのルーツ・KAHIKI | ホーム | 新月は16日! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。