プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヤ文明 2012年?

イン・ラケ’ッチ!
今日はマヤ語?でごあいさつしてみました。

色々言われてますね、マヤ暦。
2012年12月説とか、2011年10月説だとか。

ハワイイを勉強する上で
日本の歴史も世界の歴史もある程度知っておかなくてはいけないので
もちろんマヤについてもちょっとは勉強しています。

古代の優れた(かどうか見る人によりますが)文明は
一度西洋人によって破壊されています。

それを最近、生き残りだといっている人とか、
研究者だとかがいろいろ言っているわけですが(マヤに限らず)・・・

で、マヤを研究しているある機関
(そこの人はマヤの伝承を口頭で伝えてきた長老の説を支持しています)
の方がおっしゃっていたことに非常に共感しました!!


マヤ文明も16世紀に侵略、解体、抑圧がありました。
(ハワイと同じですよね。ちなみにこちらは18世紀でしたが)

『いま「マヤ」とされているものは多種多様で、

・どの時代のマヤのことなのか
・誰がどのようにして伝えてきたマヤなのか
・誰がどのように研究して発表したマヤなのか
・仮にマヤの言い伝えだとしても、
改宗を余儀なくされたキリスト教の西洋のマインドを受けているか否か・・・

「マヤ先住民の教え」であっても本質、中身がまったく異なります。

そして、マヤの智慧は現代のマインドとはまったく違った
古代のマインドで語られているものなので
現代のマインドを完全に脇によけなければ、真の理解は得られません。』

イや~まったくそのとおり!!
『ハワイの教え』に惹かれている人は
上記の事項をチェックしてみてくださいね~

マナ・カードを勉強している人は
現代のマインドはちょっとおいといて、
古代ハワイアンになったつもりでもう一度本を読んでみてくださいね!
文章の意味が変わってきますよ!


誤解のないように・・・
こちらの団体に傾倒しているわけではありません。
私がハワイについて普段言っていることと同じだったので、ちょっと感動~
で、記事にしただけです。
「マヤの智慧」も否定も肯定もしてません

<< マナ・カードミニミニ講座 at T's gallery | ホーム | カウアイ島・オアフ島vs.マウイ島・ハワイ島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。