プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイアンミュージック

Aloha!

先日、Weldon Kekauoha氏の「Lei Ho'oheno」がお気に入り、
と記事にしました。

私は普段「チャントもの」を聴くことが多いのですが、
チャントのCDを
「ハワイアンミュージック」といっても
ハワイを詳しく知らない人には「?」なんだろうな~

じゃあ、「ハワイアンミュージック」ってどんな音楽のことを指すのでしょう??

私はハワイアンミュージックは興味の範囲外なので、
ハワイの音楽史研究者エリザベス・タタールさんの
今日のハワイ音楽の区分け説をご紹介します。

その前にまず、「チャント」は英語です。
クックがハワイに来る前に「音楽」があったとしたら、
それはMele(メレ)です。
Meleには「Mele 'oli(祈り)」と「Mele Hula(祈りに踊りが伴う)」があります。

その後Mele Hulaに西洋の音階をとりいれて、「Mele Ku'i」というジャンルが定着。

①メレ・オリ、メレ・フラ。メレ・クイなど西洋文化到来以前の時代の要素を持つチャント
(18世紀以前の記録がないため、古代のままのものがそのまま現在まで伝わっているわけではない)

②宣教師がもたらした賛美歌のハワイ語バージョン、Himeni(ヒーメニ)。
③ヒーメニのメロディを基礎にしたもの、とりわけハワイ王朝アリイが作曲したもの。
④19世紀から20世紀にかけてつくられた、フラ・クイのチャントに元ずく、フラやフォークソング
⑤20世紀以降、外国人によってつくられたHapa Ha'ole Song。
⑥コンテンポラリー・ハワイアン。ハワイに住むミュージシャンが欧米のスタイルを取り入れて演奏するもの。

(タタールさんは、この区分けにはそれほど厳密さはない、とおっしゃってます。)

ハワイの音楽って、本当に広範囲ですよね~。
興味を持ったら、はまってしまいそう



参考文献
Elizabeth Tatar,Strains of Change:The inpact of Tourism on Hawaiian Music,5.
「ハワイ研究への招待」関西学院大学出版会 第三章ハワイの音楽/矢口佑人

<< 12月のカードは? | ホーム | モンステラは外来植物です。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。