プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超能力がほしい・タイムマシンでも可

Aloha!

古代ハワイを知るには、
18世紀西洋船に乗ってきた西洋人の画家の書いた絵をみるとか
船員のメモ(航海記?)を読むとか
古代ハワイ研究者が聞き集めた話や歌( MELE)からくらいしか
知るすべがありません。

古代ハワイには、書き言葉や絵画がなかったからです

超能力があって、「前世ハワイにいたんです!」って人の前世をビジュアルで見てみたい~
タイムマシンでも、
ドラえもんでも、だれかプレゼントして~
いや、貸してくれるだけでもいいのになあ
ちょっと見てきたい。

私がとっても不思議に思っていることは、
金属がなくて、いろいろどうしてたの?ってこと。

釣り針は、篠遠先生が発掘されて、「骨」で出来ていたことはわかっていますが、
レイひとつとっても、
イリマのようにクイのレイは、針がないとやりにくいだろうな~

レイフル(王族がつける羽のレイ)なんか、針を入れる数まで決まっているのに
どうやって羽を縫いつけたのか??
金属の針じゃないと無理でしょ~

羽のマントはオロナという植物から繊維をとって
その繊維を編んだものに
羽を編みこんだ、といわれていますが、
編みこんだだけとは到底思えない完成度です。

ビショップ博物館で、たくさんみることができますよ!
もちろん、ほ・ん・も・のです!
じっくり見てきてください!!


ちなみに、
「ハワイアンキルト」は、宣教師がハワイアンに教えて、
それをハワイアンが発展させたものです。
「古代ハワイ」モノではありません

そうそう、古代ハワイには「生地」もありませんから。

<< Ali'i(王族)の装飾品 HULU | ホーム | T'sGallery講座&3月8日のイベント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。