プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準惑星ハウメアに関するおはなし

Aloha!

昨日に引き続き、準惑星ハウメアネタです^^

発見者グループが二組いて、ちょっとした話題になってました。

まず、
カリフォルニア工科大学のマイケル・ブラウン氏と
エール大のデイヴィッド・ラビノゥィッツ(と読むのか?)氏グループの発見説と

スペインのホセ・ルイス・オルティス氏達の発見説。

もめてるようですが
「小惑星センター」なるところは、
発見者はオルティス氏で
惑星名はブラウン氏(といっても、David Rabinowitz氏がつけた)
ということに収めた?ようです。

Michael Brown氏グループは、発見した日がクリスマスに近かったから、
という理由で
「サンタ」と命名し
後にヒイアカとナマカになる衛星には
「ルドルフ」と「ブリッェン」としていたそうです。
(サンタのトナカイ名!!)

それを、
氷ではなく岩石で出来ている星だから(氷の部分は吹っ飛んだそう)、と
相方(笑)David Rabinowitz氏が、
ハワイの大地の女神として石を象徴する(う~ん・・・)ハウメアとつけたそうです。
色々サイトみてると、
ハワイアンは石を信仰していて、
石=大地で、ハウメア、みたいな書き方がしてある・・・えーっと・・・

ちなみに、
オルティス氏考案の名前は「Ataecina」(むむ、何語だよ)
ある地方のカトリックの伝承に由来した名前だそうです。

歴史的発見でも、ネーミングは結構安直なことがわかった。
その前に見つかった準惑星「マケマケ」も、
イースター時に発見→同じくイースター時期に発見された島、イースター島の神名で!
ということなので。

参考記事
Astro Arts 現在の惑星大集合の記事など盛りだくさんなサイトです
Michael Brown氏のサイト準惑星ハウメアについてあれこれ
ナショナル・ジオグラフィック この騒動についての記事

<< ハワイで最も人気のある赤ちゃんの名前ランキング | ホーム | その件、ペレ様はご存知なんでしょうか・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。