プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖!キラウエア火口からの脱出!

Aloha!


びっくりしました!
たまたま点いていたTVから、
「1992年、ハワイ島の・・・」という音声が!!

見るとそれは、
「世界まる見え!テレビ特捜部」日テレ系
(名古屋は中京TVね!)
の番組内で紹介していたTV番組
「I SHOULDN'T BE ALIVE」で紹介された
実話に基ずく再現VTRでした。

ちょうど、「マナ・カード ハワイの英知」の本の
22.PELEの章を読んでいたので
鳥肌が!!


ー1992年、ハリウッド映画、
シャロン・ストーン主演
「ガラスの塔」の撮影のクルーを乗せたヘリコプターが失速し、
ハワイ島 キラウエア火山
プウオオ火口に不時着。

乗っていたのは
クリス・ダディ
マイク(マイケル)・ベンソンと
パイロットのクレイグ・ホスキングの三人。

ヘリコプターの無線は壊れ、
三人は46mもある、
ガラス質の火山壁を登っていくことに。

灼熱の暑さと硫黄を含む煙、
迫る溶岩。
細かいガラスと同様の足場に悩まされながらも進む三人。

結局
クレイグは命がけでヘリコプターにもどり
なんとか無線を直し、
救助隊に助けられましたが、
火山煙で二人はなかなか助けられず・・・

クリスは自力で登り、救助(?)
翌日マイクは救助のヘリに助けられました。

半端ない暑さと
幾度もの救助失敗、
失望感。

この夏の暑さも耐えかねたのに
1000度の溶岩のそばにいるなんて!
それもいつ噴火してもおかしくない火口で2晩も・・・

ムリ。

で、
このお話は
マナ・カードの本のペレの項に載っているのです。

このタイミングで
その再現VTR・・・
こわっ



<< 情けは人のためならず | ホーム | 一宮講座終了!!MAHALO! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。