プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alohaとあいさつ

Aloha!

・・・で毎回始まるこのブログですが、
この「Aloha」はアメリカンなごあいさつです^^

中日新聞日曜版の飛鳥圭介さんのエッセイ、
「おじさん図鑑」はわたしのお気に入り。

10月30日のエッセイは、「対人恐怖症」というものでした。

以下ざっくりご紹介です。


あいさつは恐怖の裏返しで、
「敵意はない」というアピールが挨拶である、
という「恐怖の裏返し説」があるとか。

例えば、エレベーターにアメリカ人が乗り込んできたら???
絶対挨拶してくれますよね~
ハ~イとかハロ~とか^^

でもでもそれが日本人同士なら・・・???
だまってエレベーターに乗り込んで、
挨拶はきっとしない。(おばさんならわかんないけど・・・)

「日本人は礼儀正しい民族である、とよく言われるが、
その礼儀正しさは知人や身内に関してだけで
無関係の他人に及ぶ事はない。
つまり
挨拶を見知らぬ他人にする事はめったにない」、のだそうです。

ここで、「」ときた!
まさに古代ハワイの「ALOHA」と同じ!!
同じ畑のカロ(OHA、'OHANA)としか共有(ALO)しないもの、「ALOHA」!!

古代ハワイアンは名前にもMANA(パワー、エネルギー、命=HA)があると考えられていたので、
最初に名乗ることはなかったそう。
見ず知らずの人にMANAをとられてしまうといけないから。

しかるべき儀式、「HA」の儀式がすんでから
名乗るのだそうです。(仲間になってから、敵意がないとわかってから。)

で、古代ハワイへやってきた白人達は
HAの儀式を知らないので
名乗ったり、握手したりして西洋風のご挨拶。
→「HA」の儀式をしない人たち→「HA」を「'OLE」(否定)しない
→HA'OLE=白人、外国人  となった、という説も。


横道にそれましたが、
エッセイでは、
「日本は互いに相手を恐怖する必要のない、
安全な社会であるからなのか。
それとも
相手を恐怖するからこそ、緊張のあまり
見知らぬ他人にはだまりこむのか。」と〆られております。

「緊張」は、どうかわからないけど
古代ハワイは後者だと思いま~す。


飛鳥先生、来週も楽しみにしています!!

<< 11月! | ホーム | 今日は今池アペゼでのハワイの神様講座でした >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。