プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイリアム・チャールズ・ルナリロ王の墓

aloha!

「人民の王」と呼ばれた
ルナリロ王のお墓の改修工事が終わり、
1月15日に記念式典が行われたようです。(KHON2)

王家の墓、といえば、
ヌウアヌにあるロイヤルモザリウム(王家の霊廟)。

もともと、古代では、王族は
マナ(不思議な力?)が他の人よりも多く、
特に骨にマナが宿っていると考えられていましたので、
亡くなると、その骨をどこかへ隠す役割の人がいて
人知れず隠してきたのです。

が、キリスト教が入ってきて、
葬儀の仕方も様変わり。

現在は、王族はこのロイヤルモザリウムへ、
ということになっておりますが、
ここにいらっしゃらない方も。

その一人が、ハワイ王朝第6代王の
ウイリアム・チャールズ・ルナリロ王。

彼は、ダウンタウンの
カワイアハオチャーチの敷地内右手の建物で
彼のお母さんとともに
眠っております。

実はカメハメハの血を引くルナリロ王ですが、
カメハメハ5世(ロット・カプワイア)が
次期王を指名せずに亡くなった為、
選挙で選ばれた上、
カメハメハ6世を名乗らず・・・

ロットさんとルナリロさん
ちょっと確執があったようなんです・・・
(この話はまた機会があれば)

ちなみに、
その次の王はカラーカウア王。
カメハメハ王の直血ではありません。
彼も選挙でエマ女王と戦い、7代目王となりました。

また長くなっちゃった

で、そのルナリロ王の霊廟とカワイアハオチャーチ、
日本人が結婚式を挙げることや
その後ルナリロの霊廟に入って
記念写真をとっていることで有名ですが、

実はここ、
すご~く出る!ことでも有名なんですよ。
まあ、「お墓」ですからねえ。
もちょっと、敬意を払ってほしいような・・・


建物が綺麗になって
サンたちも喜んでいるかな~?ニヤリ

ダウンタウンに行ったら
ぜひお立ち寄りください!

カイウラニ王女の椅子も
あります^^

<< グラミー賞 | ホーム | ハワイにヨン様が・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。