プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5世とルナリロ

Aloha!

前に記事にした
ハワイ王国6代目ルナリロ王と
5世ロット王のお話を。

5世ロットさんは実は
4世のアレクサンダー・リホリホのお兄さんですが、
4世が3世の養子になっていたため
王位継承権がお兄さんのロットより先だったんですね。

ロット王は
4世亡き後、奥さんのエマさんを慕っていたとか。
彼はエマ王女に土地を残したりしているので、
そんな話になっているだけなのかもしれませんが・・・

ルナリロ王は
エマ王女が結婚前に
ちょっかいを出していたという話もあって
それをロット王がよく思っていなかったとか。(さだかでない)

ルナリロさんのほうも、
王族の霊廟は
以前はイオラニ宮殿の敷地内にあったのですが、
ロイヤルモザリウムが出来たときに
歴代王族のご遺体は
そちらへ移されています。

ところが
ルナリロ王のお母さんだけは
王族にもかかわらず、
ロイヤルモザリウム入りを断られていますなんで??
で、
ロイヤルモザリウムが出来たときの王は
なんと5世だったという・・・

というわけで、
ルナリロ王の母君は前述した
カワイアハオ教会の右手側の建物で眠っているわけです。

5世は亡くなる前に、
次期王を指名しなかったため
次期継承権があったはずのルナリロさんは
カラカウアとの選挙、という運びになりました。
(5世の意地を感じませんか??)

在位たったの1年で
ルナリロ王は亡くなりましたが、
ロイヤルモザリウムに葬られて当然なのに
母君と同じカワイアハオのお墓に入ったのは
「意地」なのか、ただ母思いなのか・・・

政治的な面でも、
4世5世兄弟はアメリカ大っキライで
イギリス寄りでしたが、
ルナリロ王はアメリカ寄り。
そんなところも関係しているのでしょうか。

人間としては、いろいろ確執があったのかもしれませんが、
5世もルナリロ王も
ハワイ王国の発展を願い、
人民思いの
立派な王様だったんです。そんな話もまたいつか。

<< タイムトラベラー・ただのひとりごとです | ホーム | グラミー賞 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。