プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフナ・マナ・ニンジャ

Aloha!

ハワイ語の「カフナ」や「マナ」は
イメージが先行している言葉のひとつだと思います。

「カフナ」の訳が「ハワイのシャーマン」となっていたり、
「マナ」が「霊力」と訳される事からきていることにも関係するのかも。

古代ハワイ語は、単語数が少ないため
一つの言葉の持つ意味が多岐に渡ります。

言葉=(その土地の)文化
なので、文化がわからないと、なかなかその真意は伝わりにくいんだなあ・・・
というのが
ハワイアンカルチャーを伝えている私の実感です。

ちなみに・・・

「カフナ」は
色々な職業のエキスパートのこと。
もちろんイメージどおり?聖職者であったり、
王族の将来を占う占い師なんかの職業もそうですが、
大工の棟梁だったり、漁業の御頭、農業のエキスパートなども
カフナです。
この道一本数十年!という熟練者のことですね。

とっても訳しにくい「マナ」も、
「気」や「エネルギー、パワー」をさす場合もあれば、
早く進むカヌーをみて、
「あのカヌーにはマナがある」なんていう表現もします。

人を傷つけたり、癒したりする言葉や
まなざし、思考にも「マナがある」と表現されます。

じゃあ逆に、
海外で、イメージが先行している日本の物ってなんだ?と思ったら
ちょうどいいニュースが!そう、

ニンジャ!!

イランのニンジャ学校をTVのニュースで放送していました^^
なんとイランスポーツ省に認定されているそうです。
くノ一クラスもあるらしく・・

「忍者学校」って、海外には結構あるんですよ!!

ほら、ちょっとクスッとしたでしょ??

日本人が勝手にイメージしているハワイアンカフナも
現地では案外「クスッ」かもしれませんネ。














<< 忍者ネタ | ホーム | さ~て、今月のマナ・カードさんは? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。