プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍者ネタ

Aloha!

面白いので、世界の忍者ネタを

20年ほど前、ヨーロッパをよくウロウロしていました^^
(まだまだジプシーとかいっぱいいましたよ)

知りあった欧人はだいたい日本が好きで、
「忍者って、どう」とかはテッパンの質問でしたし
「カンフーやって」とかよくリクエストうけました

中には、日本語話せる、とかいっといて
「アリガト」しか知らなくて、
この程度で「話せる」とはなんとポジティブな、と感動したことも。

日本が好き、といっても
日本人が思っているほど、日本は世界では知られていなくて
中国も台湾も韓国も日本も、ごっちゃになってましたねえ。
今は違うかも知れませんが。

で、
2~3年前から評判の本「日本人の知らない日本語」をみて、
日本語学校に通うみなさんが
日本人の先生に「忍者」のことを尋ねるシーンがあって、
「ヘ~今でもやっぱりそうなんだ~」と。

海外では人気のあるトピックであることは
変わりないようです^^

先生は「いません」と答えるのですが、
生徒は「そういうことにしないといけないんですよね、」・・・

あ~、このやりとり
なつかし~

ということで、
忍者ネタを探してみました。

オーストラリアでは忍者学校の生徒が
襲われた独留学生を助けたそうです。May22,2010
日本語記事→AFP
Dig.comのサイトでは、コメントが多数寄せられていて、
・宙返りしなくてがっかり
・本当の忍者なら、見えないのでは
・世界にはもっと忍者が必要
なんてのがあって笑えた

おいおい、忍者ってどんなイメージだよ、と突っ込みつつ・・・

ボリビアで発見、忍者学校「The Llama expressNo.16」 May2004とか
ロシアに日本で認定された忍者学校
ボリビアで人気 忍者学校  などなど

忍者率、日本より多そう。



<< イメージ先行の「ハワイ」 | ホーム | カフナ・マナ・ニンジャ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。