プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナ・カードについて

マナ・カードについてよくあるQ&Aでも
ゆる~く語ってみましょうか・・・


問→マナ・カードって、昔からハワイにあるカードですか?

Lokelani解説→「昔」のハワイって、いつだと思います~?
ハワイにも歴史があって、

・人が住み着きだした頃(AD250頃、諸説あり)
・西洋人がハワイを発見した頃(1778~)
・ハワイ戦国時代、~ハワイ王国(1810~)時代
・王国末期
・アメリカ(1898~)

ってな具合です。(勝手にLokelani.分け)さあいつ??

答えは、ポリネシアの島々からハワイ諸島に人がやってきてから
西洋船が来る1778年までくらいの古代ハワイ。

でも
古代ハワイには、書き言葉も絵画も(ペトログリフ除く)なくて、
ましてや「紙」なんてないので
カードや本はこのころのものではありません。現代です。

でも、古代ハワイから受け継がれている、
教えや、教訓、言い伝え、神話
などがあらわされているカード&解説本です。

私がマナ・カードに はまった理由は、
カードの絵に描かれている物が、キチンと!しているから。

解らないものも、きちんと調べがつくんですよ。

時代公証もしっかりしてるし。

カヌープランツ、カヌーアニマルはあっても

外来種のプルメリアとかモンステラとかハイビスカス
など
西洋人が持ち込んだものは
描かれていません。

物の一つ一つ、色や自然現象にも
意味がある古代ハワイイ。

マナ・カードの絵の細かな部分にも
意味が隠されているのです。すごい


答え 内容は古代ハワイイだけど、カードになったのは最近

あああ、一問で終わっちゃった(涙
つづく・・・つづけていい? つづくけどいい??こんな答えだけどいい?




<< キアヌ・リーブス | ホーム | Ka Mahalo! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。