プロフィール

マルヒア・コジマ

Author:マルヒア・コジマ
マナ・カードセラピスト兼ハワイ文化講師です。名古屋と名古屋郊外 岐阜、三河方面でマナ・カード&ハワイ講座をさせていただいています。ハワイの神話、文化などなど、熱~く語る事が趣味。講座情報、イベント情報などをお知らせします。

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マオリはポリネシアン

Aloha!

NZのマオリ族は、NZの原住民です。
『ニュージーランド』自体が、
発見者がオランダ語で名づけたものを
キャプテンクックが英語読みにしたものです。

ポリネシア語の名前は
「アオテアロア」白くたなびく雲
という名前です。

マオリ族は、ハワイアンとおなじく
ポリネシア人。

神話にもマウイが出てきたり^^
共通の話題や単語が多いのは
出身が同じだから。

ハワイはタトゥ(カカウ)は早く廃れてしまい
今のはリバイバルですが

マオリの踊り、「ハカ」をご覧になったことがある方は
顔中にタトゥーを入れたマオリ人に
驚かれた事でしょう。

ポリネシアには書き言葉(文字)がなかったので、
タトゥーや彫り物、詩で残されています。

タトゥーは、ファッションではなく、
家系を表したり、自分達を守る聖なるものなのです。

マオリの集会所、マラエ(タヒチの宗教儀式の場もマラエ)には
柱や壁などに彫り物で神話や自分達の歴史が刻まれています。
たとえば、
山の彫り物は△が模様になってずっと続きます。

それは、祖先が眠る聖なる山と
山を越えてもまだ次の山がある→人間の学びには終わりがない
という戒めを
表しているそうです。 深い~

マオリ族も
イギリス人により土地を失っていきました。

アオテアロアは北島と南島に別れていますが
それぞれ
マウイの魚
マウイのカヌー
という名前がついています。
それは、マウイの島つりの神話からきています^^

<< 映画 オロ チベットの少年 | ホーム | 最近の疑問 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。